緊急地震速報の総合サービス 南海電設株式会社


緊急地震速報をどれにしようか迷っている教育関係者の皆様、ランニングコストを意識していますか?

そもそも緊急地震速報とは?

地震速報と地震が到達するまで

緊急地震速報とは、気象庁が2007年10月に開始した地震情報です。
従来の地震情報の発表は地震発生から約3~4分後でした。
これでは、地震による被害を軽減(減災)させることができませんでした。
そこで、新たに開始されたのがこの緊急地震速報です。
これは、地震の発生直後に、震源に近い地震観測点(地震計)でとらえた観測データを解析して、震源や地震の規模(マグニチュード)を直ちに推定し、これに基づいて各地への地震の到達時刻や震度を予測します。
この予測値をもとに、地震が到達する前に地震情報を届け、被害を防止・軽減しようというのが緊急地震速報です。

わずかな時間ですが、より安全な場所へ移動する事ができます、それにより助かる命があります。

地震の波には速度の速いP波と速度の遅いS波があります。
緊急地震速報は、この速度の違いを利用します。
速度の速いP波を地震観測点(地震計)がとらえ、地震で大きな被害をもたらす速度の遅いS波が到達する前に情報を届けます。

この緊急地震速報には、一般向けの緊急地震速報(警報)と高度利用者向けの緊急地震速報(予報)があります。
一般向けは、テレビ、ラジオ、携帯電話など、不特定多数向けであり、具体的な推定震度と猶予時間は発表されないなどの制約があります。

一方、高度利用者向けは、機器の設置場所に限定した地震情報が得られる、誤報の場合は情報のキャンセルが可能など、きめ細かい情報を入手することが可能です。
なにより、情報の提供速度が違い、早いです。
この信頼できる情報を確実に入手できる高度利用は向け緊急地震速報システムサービスが南海電設の「Iam(アイム)ネット 緊急地震速報配信サービス」です。

なぜランニングコストが安いのか?

通常の地震速報の情報の流れ(配信)は気象庁→データセンター→受信端末となります。

高度利用者向けの緊急地震速報の配信の流れ

ここで、もし4か所に受信端末を設置しようとすれば、
データセンターから受信端末への配信料金×4のランニングコストがかかってきます。

受信端末を4つ設置した例

ところが、「Iam(アイム)ネット 緊急地震速報配信サービス」の受信ユニットS740には
業界で唯一の「再配信機能」がついています。
これは、地震速報を受信した端末それ自身がもう一度別の端末に情報を流す(再配信する)機能です。
この機能を利用すれば、自社ネットワーク内での複数台設置が可能となり、ランニングコストを抑えることができます。
また、再配信の際、ルータを配置することで、「Iam(アイム)ネット 緊急地震速報配信サービス」の特徴であるシステム監視、リモートメンテナンスを可能にしています。

この機能を使うことで、ランニングコストをお手頃な価格に抑えることができます。

受信ユニットS740の再配信機能を利用した例

たとえば、最初の1台を教育委員会様に設置し、そこから各小学校に再配信を行うという方法も考えられます。
この場合も、毎月の配信料金は1配信分ですみます

教育委員会様に設置した際には、各小学校に再配信を行うことが出来ます。

安いだけじゃない!学校に最適といわせる安心感。その3コの根拠。

根拠.1 高い技術力による安心

東海道新幹線では地震が発生した際に、初期微動を検知して緊急停止するシステムが稼働

東海道新幹線では地震が発生した際に、
初期微動を検知して緊急停止するシステムが稼働しています。
このシステムには「Iam(アイム)ネット 緊急地震速報配信サービス」の機器製造メーカーである明星電気の計測震度計が利用されています。
つまり、当サービスには東海道新幹線にも利用されている高い技術が活かされているのです。

また、QCAST®システムは気象庁発表の
緊急地震速報を適切に利用するために必要な受信端末の機能及び配信能力に関するガイドライン
(リンクをクリックすると気象庁のページが開きます)に準拠しています。
準拠の詳細に関しては、こちらのPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。


数多くの実績による安心

「Iam(アイム)ネット 緊急地震速報配信サービス」の基幹となるQCAST®システムは、
大日本印刷株式会社様や大同特殊鋼株式会社様はじめとする大手企業、
また、東京ミッドタウン様や成田国際空港様、参議院議場様などの大型集客施設、
公共施設、政府機関でも数多くの実績があります。(詳細はこちらを参照ください。)

システム監視と有人サポートによる安心

「Iam(アイム)ネット 緊急地震速報配信サービス」は緊急地震速報の受信端末の販売、施工、保守、データセンター保有による配信サービス、および、回線手配まですべてを南海電設自社内で行います。
データセンターを含めたサポートサービスを自社で行っているため、
お客さまのところに設置した受信ユニットの設定変更、死活監視を南海電設で行います。
もし停電やエラーなどのトラブルにより受信ユニットが停止した場合には、
回線断の場合、電話による有人対応を行います。(平日、営業時間内)

顧客導入事例のご紹介

導入事例 日ノ本学園高等学校様 兵庫県姫路市 導入台数:短期大学・高等学校・幼稚園 各1台ずつ

S740設置写真。放送設備と連動し、生徒様に地震音声を一斉放送しております。

[質問.1] 緊急地震速報システムを導入するきっかけは何ですか?

将来を担う生徒の命を預かっていますので、今後起きると予想されている東南海・南海地震などの地震災害に備えて、早いうちから安全面の対策を考えたいと思い、緊急地震速報を導入しようと考えました。

地震が来る数秒前にでも地震が来ると分かれば、例えば机の下にもぐって身構えたり、出口などに近い場合は外へ避難したり、また建物内にいる場合は窓から離れて大きな柱の近くに身を寄せるなど、何かしらの初動体制を取ることできるということは、生徒の安全を守るためにも非常に重要だと考えました。

日ノ本学園は短期大学・高等学校・幼稚園を運営しているので、導入するならば3校同時に導入・運用しようということになり、現在に至っています。

[質問.2] S740を導入するまで、他社製品との比較など、お悩みになったことはありますか?
またS740を導入する際に決め手となったものは何ですか?

他社製品との比較もホームページ等で調べましたし、他校とも情報交換を行なっていました。
メーカーによって性能や価格など特徴はそれぞれですが、決して価格が安ければ良いというわけではなく、やはり生徒の命をお預かりしている立場ですので、機器の信頼性を1番重要視しました。

S740は大手企業や官公庁でも多く採用されている実績が豊富であり、営業担当者から話を聞くうちに、信頼性や機能などあらゆる面で、「学校」という場所には最適な機器であると感じました。
また表示部も非常に大きくて見やすいことも大きな特徴ですし、データセンターより死活管理もしているので、万が一通信が取れなくなっても連絡してもらえるので端末を設置した後のフォローも非常に安心です。

[質問.3] 現在の緊急地震速報の運用方法や、S740を導入したことによる効果はありましたか?

S740を導入する以前も避難訓練は実施していました。
地震が発生し、ある場所からの出火による避難を想定した訓練を行なっていたのですが、音声は口頭で流しており、地震音声による訓練が出来ませんでした。

S740を導入したことによって、実際の地震速報用の音声で訓練できるようになりました。
「♪ちゃらんちゃらん~」から始まる音声はNHKで採用している報知音と同じものなので、危機感を持って訓練を行うことができ、また生徒に音声の内容も覚えさせています。定期的な訓練によって、防災意識の向上に役立っていると感じています。

緊急地震速報端末から放送設備と連動しており、震度3から放送連動し、生徒にも放送で一斉放送できるようにしております。
事務室に設置している地震速報端末の表示部分は非常に大きく見やすいので、大きなメリットだと思います。

やはり地震が来る前に事前に分かるのと分からないのでは全く違いますし、数秒あれば机の下にもぐるなどの行動が可能になることによって、地震から身の安全を守ることができるようになりました。


導入事例 イビデン株式会社 衣浦事業場様 愛知県高浜市 導入台数2台

イビデン株式会社 S740設置写真

[質問.1] 緊急地震速報を導入する前はどのような点にお悩みでしたでしょうか?

将来、確実に起きると言われている東海地震など大規模な地震災害に対し、何の備えもありませんでした。ただ、東海地震の震源地に近いということもあり、何か対策をしなければと、常日頃から考えていましたが、何をどのように計画し実施すればよいか考えがまとまらなかったということが悩みどころでした

[質問.2] 何がきっかけで弊社の緊急地震速報を知ることになりましたか?

大規模な地震災害に対する備えとして、事前と事後の対応が必要と考えており、事前の対応として緊急地震速報等を検討していましたところ、南海電設株式会社 営業の御担当者の方から緊急地震速報のPRがありましたのでS740(緊急地震速報)を知ることになりました

[質問.3] 弊社、緊急地震速報を知ってから導入するまで何か躊躇することはありましたか?

緊急地震速報というのは、どういったものかということを社内関係部署に周知してもらうことです。またシステムの信頼性についてもそうですが、私自身も正確に、緊急地震速報というものが、どういったものか理解していませんでしたので、勉強する必要があったことです

[質問.4] それはどのように解消しましたか?

事業場長、事業場企画チームのチームマネージャーにより、社内関係部署への調整を実施し、事業場の方針として緊急地震速報の導入を計画したことが一番大きかったと思います。また南海電設株式会社 御担当者の方との導入設置に向けての度重なる打ち合わせを実施したことにより、数々の問題、課題がクリアできました。

信頼性に関しましては、官公庁など多くの採用実績があったこと、レンタルということからバージョンアップなどの機能追加などがあった時に、より信頼性の高いものへの移行がスムーズに出来ると判断したからです

[質問.5] 導入する決め手となったのは何でしたか?

上記質問4の内容と、システム自体がコンパクトなパッケージでありながら有効な機能を多く兼ね備えていること。また南海電設株式会社殿にて、常日頃からシステム監視を実施しているなどアフターフォローが万全であることです。また弊社へ来て頂いた南海電設株式会社殿の営業、技術の方の熱意です

[質問.6] 実際に使ってみてどうでしたか?

緊急地震速報の設定を震度5弱以上にして運用しているため、実際の速報につきましては、まだ受信しておりません。この点に関しては評価できませんが、訓練モード及び全国一斉の緊急地震速報を使用した避難訓練が出来たことが非常に良かったです。

導入前は地震が発生したことをアナウンスし、机の下などへの退避行動をしてから避難をするという訓練でした。今回、緊急地震速報を導入したことにより訓練モードを使用した訓練が出来たこと。また全国一斉の訓練に参加することにより、いざ速報が流れた時と同じ内容で従業員全員の訓練が出来たことが非常に良かったと思います


導入事例 日本女子大学附属豊明小学校様 東京都文京区 導入台数1台

日本女子大学附属豊明小学校 S740設置写真

[質問.1] 緊急地震速報システムを導入するきっかけは何ですか?また、緊急地震速報システムを導入する前に何か悩んでいたことはありますか?

建物の対策として耐震工事等は実施していたが、実際の地震が起きたときの児童および教職員への安全についてより具体的な対策の検討の必要がありました。

また、緊急地震速報機器の設置についての東京都からの助成金が出たこともきっかけの一つです。

[質問.2] QCAST®シリーズ受信ユニット(以下S740)、もしくは弊社サービスを知ったきっかけは何ですか?

緊急地震速報システムの導入を検討するにあたって、各社、各機器のホームページやチラシ等を集めていた際にQCAST®シリーズ受信ユニットも知りました。

[質問.3] S740という商品を知ってからご購入いただくまで、何か躊躇すること、悩んだことはありますか?またそれはどのように解決されましたか?

やはり他社製品との機器の性能や価格、今後の拡張性等を検討すると、一長一短がそれぞれにありました。
その中で何を重視すべきかを検討し、校内放送との連動はもちろんのこと、今後の運用方法の検証ができることや学園への拡張性を考慮し検討しました。

[質問.4] S740を導入する際、決め手となったものは何ですか?

S740を選定した主な理由は以下の通りです。

・今回の設置場所を教員室にしようと考えていましたので校内放送との連動が可能であること。また、設定により、連動しないで単体での速報の表示ができること。

・速報のアナウンスを「強い揺れが来ます」という具体的な震度ではない表現で流せること。揺れが到達するまでのカウントダウンのアナウンスもできること等は、小学校という現場に適切であると判断しました。教員が具体的に揺れと秒数が把握することで、児童への指示をより的確に出すことができると考えられます。

また、今後の運用方法の検証や学園への拡張性が安価に可能という機器の性能を評価しました。

[質問.5] 現在の貴社における緊急地震速報端末の運用方法や、S740を導入したことによる効果をなるべく具体的に教えて下さい。

設定した震度以上で放送設備の全館(グランド含む)一斉放送での緊急地震速報が放送されるようになっております。
このシステムを導入してからは、より現実的な地震の避難訓練が実施できるようになりました。地震到達時の安全確保のみならず、地震が収まった後の建物からの避難および避難中に落下物から頭を保護する訓練も実施しています。
教職員および児童達は、「短い猶予時間での安全確保」に対して意識が高くなったと感じています。また当然ながら、保護者の方々には学校が緊急地震速報のシステムを導入した事を喜んで頂いております。

また、本学での導入が学園の附属幼稚園から大学までのシステム導入検討の契機にもなりました。


QCAST®シリーズの実績(一部紹介)

QCAST®シリーズは大手企業や政府機関に選ばれています。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話でもお気軽にお問い合わせください。西日本窓口 06-6643-0181 東日本窓口 03-5641-2161

お問い合わせ・資料請求

[必須] お名前
[必須] メールアドレス
貴社名
郵便番号
ご住所
電話番号
お問い合わせ内容

当社の個人情報の取扱いにご同意され、必要事項を記入し終えましたら、
「個人情報の取り扱いに同意する」にチェックを入れ、お問い合わせを送信してください。

個人情報の取り扱いに同意する